ニキビ跡や色素沈着は美白化粧品で消える?

ニキビが治ったのに、赤茶色のシミの様なニキビ跡が残っていたら鏡を見るのも嫌になりますね。
これは、ニキビによって傷ついた肌が刺激から守るためにメラニンを作り出し、色素沈着が起こっているからです。

 

ニキビ跡には大きく分けて3つの種類があります。

ニキビ跡の種類

  • 赤みタイプ
  • 赤茶色の色素沈着タイプ
  • クレーター(凹凸)タイプ

 

赤みタイプは、見た目は痛そうですが、肌の内部でニキビによる炎症が起きているだけなので自然に消えることが多いニキビ跡です。
赤茶色の色素沈着タイプは、シミの原因となるメラニンの生成が関係していることもあり美白成分で薄くすることが可能です。また、時間はかかりますが、肌のターンオーバーによって自然に治すことも出来るニキビ跡です。

 

ところが、クレーターとなると自然に治すのが難しくなります。
綺麗に治すには、コラーゲンの生成を促す美容皮膚科での治療が必要になってきます。

 

ニキビ跡を消したい場合は、症状によっては美容皮膚科へ通う必要もありますが、普段の食生活やスキンケアの見直しでも時間はかかりますが、十分に回復させることが出来ます。

 

洗顔時には、肌への刺激を極力減らすためにゴシゴシ擦るのはNGです。
クレンジングによってメイクがきちんと落とせていない場合でも色素が肌に沈着してしまうことがあるためクレンジングも洗顔も大切になります。

 

美白化粧品の成分ハイドロキノンは、シミの漂白に評価されている成分です。
ハイドロキノン配合の化粧品を使い始め、私のニキビ跡はかなりなくなりました。

 

また、肌のターンオーバーは食生活が乱れたり、ストレスが多い生活をしていると乱れますのでビタミンBやCを多く摂り、肌の免疫力をアップさせてあげましょう。

 

ニキビ跡と色素沈着記事一覧

炎症を起こした痛いニキビは綺麗に治る場合とニキビ跡が出来てしまう場合があります。薄い茶色のものや、赤紫色のニキビ跡などすっぴんの肌には目立つ存在ですよね。そんな目立つニキビ跡が出来てしまった時はメイクで隠していたという方も多いのではないでしょうか?私も20代の頃は、コンシーラーやカバー力のあるファンデーションで必死に隠した経験があります。20代の頃は、肌トラブルが出来る ⇒ 隠す という発想でお手...