シミを消す為に一ヶ月間使っておきたいコスメ

シミを消す為のターンオーバーがよくなるサプリメント
ロスミンローヤル

ロスミンローヤルの詳細はこちら

ニキビ跡がシミとして残ってしまった時の対処法

炎症を起こした痛いニキビは綺麗に治る場合とニキビ跡が出来てしまう場合があります。

 

薄い茶色のものや、赤紫色のニキビ跡などすっぴんの肌には目立つ存在ですよね。

 

そんな目立つニキビ跡が出来てしまった時はメイクで隠していたという方も多いのではないでしょうか?

 

私も20代の頃は、コンシーラーやカバー力のあるファンデーションで必死に隠した経験があります。

 

20代の頃は、肌トラブルが出来る ⇒ 隠す という発想でお手入れやメイクをしていたんです。

 

でも年齢を重ねていくうちにニキビ跡以外の肌トラブルが出始めて隠すだけではなく肌を根本から変えていく方が良いかもしれないという考えに変わりました。

 

そこでニキビ跡自体を解消してくれるようなお手入れが出来る化粧品を輪がしてみました

 

その時に使用したのが紫外線によるシミとニキビ跡のシミも解消する働きのある美白化粧品でした。

 

ニキビ跡は、メラニンが色素沈着を起こしたものなので消えにくいシミでもあるんです。

 

シミを漂白する働きのある美白化粧品で消えにくいニキビ跡のシミを解消しましょう。

 

その美白化粧品というのは、ニキビ跡を含めシミ全体の解消が出来るハイドロキノン化粧品です。

 

ニキビ跡のシミは色素沈着

ニキビ跡は、どのようにできるのでしょうか?

 

ニキビが出来て炎症が起こると肌の奥のメラノサイトでメラニンが生成されます。

 

紫外線を浴びた時に生成されるメラニンと同じものです。

 

メラニンは、シミの原因となる厄介者というイメージが強いのですが肌を守るという大きな働きもしています。

 

ただこのメラニンは、肌のターンオーバーで排出されればシミとはならずに良い働きだけを終えて剥がれ落ちてくれます。

 

ターンオーバーで剥がれ落ちなかった場合は、色素沈着してやがてシミとなります

 

若い頃はシミが出来なかったのに急にシミが出来始めたり、ニキビ跡が今までは消えていたのに消えにくくなるなどシミが消えにくくなった場合は、肌のターンオーバーが遅れている事を疑ってみてくださいね。
ターンオーバーは、肌の乾燥や加齢によっても遅れ始める傾向があります。

 

ターンオーバーとは?

角質層の奥で新しく作られた肌細胞が少しづつ表皮に近づきやがて表皮近くにあった肌細胞が剥がれ落ちて新しい細胞と入れ替わる働きを周期的に行っている肌の機能のことです。

 

ターンオーバーによって、メラニンが排出されているうちは、シミにはなりにくいと考えられます。

 

ニキビ跡のシミを予防する安全なお手入れには

皮膚科では、ニキビ跡の治療にハイドロキノン軟膏が使われいるケースがあります。

 

ハイドロキノンクリームは、濃度によっては強い成分のため医師の処方とは言え副作用も気になりますよね。

 

自宅で今すぐに始めるお手入れには、ハイドロキノンが安全な濃度で配合されている化粧品で朝晩のお手入れをすることもできます。

 

ターンオーバーの遅れを回復させる働きとシミを消す働きに期待が持てるハイドロキノンが安全な量で配合された美白化粧品は、今まで副作用の報告も上がっていないため安全に普段のお手入れに使える基礎化粧品です。

 

美白化粧品を使用していて、ニキビ跡を隠すために使っていたコンシーラーをいつの間にか使わなくなったというのが理想的ですね。

 

トップページへ戻る