紫外線対策でシミの原因を作らない肌へ

春先から徐々に多くなると言われている紫外線ですが、5月頃には真夏とほぼ同じ量になるそうです。

 

まだ大丈夫とのんびりしていたら、知らずのうちに紫外線ダメージが肌に蓄積されてしまいます。

 

そうなると数年後にはシミとして肌の表面に出てきて気づいたときにはもう手遅れなんてことに。

 

紫外線のことを本当は良く知らないのに巷で話題になっている対策をとっていたりしませんか?

 

紫外線の事をきちんと知って有効な対策をしましょう。

 

シミ,紫外線,spf

 

紫外線とは

太陽が出ている時に感じるものではなく、暑さや眩しさを感じない太陽光線のことです。

 

波長の違いによって

 

  • A波(UV-A)
  • B波(UV-B)
  • C波

 

に分かれますが、このうち私たちの肌にダメージを与えるのはA波とB波になります。

 

A波は、曇りの日でも肌の奥の真皮層まで達する波長で肌老化の原因になります。
シミ、しわが出来やすくなります。

 

B波は、肌の表面にダメージを与え、シミやくすみの原因になります。
日焼けを引き起こすのはこのB波です。

 

失敗しない日焼け止めの選び方

日焼け止めには、SPF○○、PA++などの表示がありますがこれって何か知っていますか?

 

  • SPF値が高ければ日焼け止め効果が高そうなのは予想していましたがPA++とは?
  • SPFは、B波を防ぐ数値で最高値が50。
  • PAは、A波を防ぐ数値で最高値は++++。

 

年齢を重ねた肌は、A波によるダメージが大きくなるためPA値も重要になります。

 

紫外線対策記事一覧

お花見のシーズンを過ぎると一気に気温が上昇して真夏日と思う様な気候になることがあります。春先は、寒暖差が大きくまだ太陽光もきつくない為紫外線が弱いと思われがちですが5月は1年の中で最も紫外線が強くなる月です。しかもその強さは真夏以上なんです。この時期の紫外線対策を適当にしてしまうと後々シミが出来てしまう恐れがあります。なので紫外線対策は、春先は特に手厚くしてあげてくださいね。また紫外線は、晴天より...