シミを消す為に一ヶ月間使っておきたいコスメ

シミを消す為のターンオーバーがよくなるサプリメント
ロスミンローヤル

ロスミンローヤルの詳細はこちら

妊娠中のシミ対策をまとめました

妊娠中は、体の不調も出やすいですね。

 

3か月ほど続くつわりは本当に辛いものです。妊娠すると体重が増えるはずがつわりで逆に痩せた知人もいます。

 

それほど妊娠は体への負担や変化が影響するため肌への影響も出やすくなります。

 

妊娠して肌が綺麗になったという方と肌荒れが起こりやすく敏感肌になった方など様々ですが、女性ホルモンの働きが大きく関わっています

 

妊娠すると女性ホルモンが100倍になる?

女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。

 

毎月起こる生理によって女性の体は妊娠するために準備をしているのですが、妊娠するとこの女性ホルモンが通常の100倍にもなると言われています。

 

100倍ってすごい量ですね。

 

そのため体は様々な影響を受けています。

 

例えば、妊娠中は体温が上昇するためのぼせたり、少し動いただけで息が切れるなど普段なら何でもないことが大変い感じたり今までと違う体の変化を実感するときです。

 

また、体に水分を溜めやすくなる働きもあるためむくみが起こることも。

 

そしてシミが増える原因でもあるメラニンの生成が促されるという美白の面で有難くない働きもあります。

 

シミを作らないために、日焼け止めを塗り、シミ消し化粧品で毎日お手入れをしているのに妊娠後はそれでもシミが増えやすいのです。

 

でもこの妊娠中のシミは、消えやすいとも言われています。

 

産後にシミが消えやすいのはこんな人

  • 日頃から紫外線対策を行っている
  • シミ消し化粧品を使用している
  • シミが出来にくい、シミ消しに良い食べ物を摂っている

 

日頃からシミを作らない為のお手入れを実践されている場合は、産後に体調が戻れば肌も元通りになる可能性が高いそうです。

関連ページ

シミそばかすに効く化粧品
シミを消す美白化粧品
シミ消しクリームの効果
シミ消しクリームで本当にシミは消えるの?シミの種類によっては化粧水や美容液の方がシミ消しに効く場合があります。
シミを消す効果が実感できるタイミング
シミを消すオールインワン化粧品
シミを消す白肌を作るメイク術