シミを消す為に一ヶ月間使っておきたいコスメ

シミを消す為のターンオーバーがよくなるサプリメント
ロスミンローヤル

ロスミンローヤルの詳細はこちら

シミが消えるメイク術でシミ消し中も自信が持てる

顔のシミがあるだけで老けた印象が消えません。

 

でもいつでも綺麗に見られたい!と思うのが女性ですよね。

 

シミを消すお手入れの最中でも女性として自信が持てるシミが消えるメイク術についてまとめました。

 

シミが消える下地

洗顔後、化粧水や乳液、クリームなどでお肌を整えた後に使う化粧下地は気になる肌のトラブルを目立たなくしてくれる役割があります。

 

最近では下地だけでなくUVケアやファンデーションの役割までも兼ね備えている高機能BBクリームやCCクリームなどを使っている方も多いのではないでしょうか?

 

BBクリームとCCクリームは似ているようで少し特徴が違うため違いをまとめました。

 

効果や役割から使い分けるとベースメイクをする際に便利な下地になります。

シミ,メイク,消す

 

BBクリームとは?

化粧下地、コンシーラー、ファンデーション、UV機能が出来るベースメイクのオールインワンと言えます。

 

もともと、ピーリング後の肌ケア用に開発されたもので肌を修復するファンデーションとして扱われていましたがやがて美容大国韓国を中心に高機能ファンデーションとして広まりました。

 

時短メイクをしたい時にはBBクリームを塗って仕上げのパウダーをはたくだけでシミやクマなどもカバーできるので1本持っていると便利です。

 

CCクリームとは?

BBクリームと違いファンデーション機能はなく顔色のコントロールカラーとしての役割があります。

 

クマや肌のくすみを解消したい場合はBBクリームよりもCCクリーム+ファンデーションの方が顔色を整えやすいです。

 

シミ消しには、コンシーラーの役割のあるカバー力にも期待が持てるBBクリームの方が使いやすいです。

 

BBクリームはファンデーションのみと違い美容液成分が多いのでスキンケア効果にも期待が出来ます。

 

シミが消えるファンデーション

BBクリームを使用してもシミが消えない時は、仕上げのパウダーの前にファンデーションを塗るのも実際にやってみるとカバー力が出て良かったです。

 

厚塗りにならない様に注意しながらファンデーションを塗るとさらにベースメイクが整います。

 

またBBクリーム以外の化粧下地のみを使用した場合は、ファンデーションと相性の良い同じメーカーのものが使いやすいです。

 

私が使用しているブランドの方に伺ってみたところ、化粧下地とファンデーションの相性を考えて製品化されているので同じブランドの物を使用した方がメイクが綺麗に仕上がるそうです。

 

関連ページ

シミそばかすに効く化粧品
シミを消す美白化粧品
シミ消しクリームの効果
シミ消しクリームで本当にシミは消えるの?シミの種類によっては化粧水や美容液の方がシミ消しに効く場合があります。
シミを消す効果が実感できるタイミング
妊娠中のシミ消し化粧品
シミを消すオールインワン化粧品