シミを消す為に一ヶ月間使っておきたいコスメ

シミを消す為のターンオーバーがよくなるサプリメント
ロスミンローヤル

ロスミンローヤルの詳細はこちら

シミを薄くする薬でシミは消える?

美白化粧品でお手入れを続けても消えない頑固なシミには体の内側からシミに働きかけるサプリメントやお薬があります。

 

医薬部外品の美白サプリは比較的種類も多いのですが、医薬品でシミに働きかけるものは少ないんですね。

 

シミが気になり始める30代から40代は、女性の場合ホルモンバランスの変化や加齢による肌の老化も進行します。

 

そんな悩みを抱える方に飲まれているのが女性用保健薬です。

 

体の内側から生薬が働きかけ、肌荒れを改善してくれる第3類医薬品です。

 

シミを薄くする薬の特徴

美白に良いと言われているサプリとしてビタミンCが配合されているハイチオールCやプラセンタサプリなどは良く知られています。

 

飲み続けることでシミが出来にくくなるなどの働きに期待が出来るものですが、女性用保健薬はさらに様々な働きがあります。

 

シミやシワを解消するほか、女性に多い「冷え」や「肩こり」など血の巡りの悪さが悪循環になっている体の機能の改善の手助けにもなるんです。

 

肩こり,痛み,薬

 

シミを薄くする薬で本当にシミは消えるの?

今までは、薬を1ヶ月など長期的に飲む事に抵抗がありました。

 

健康補助食品的なサプリメントや青汁などは食品なのでもう何年も飲み続けていますが、シミを解消する薬はやはり抵抗がありました。

 

出来てしまったシミを薄くするのだからそれなりに強い薬なのでは?

 

という刺激や副作用などの心配があったからです。

 

そこで実際に飲んでいる方の口コミをしらべてみると97%以上の女性医師達が、その薬を飲み続けたいと感じていることが解ったんです。

 

つまり副作用や刺激に関する心配はいらないという判断ができると思います。

 

シミを消すサプリと薬の違い

シミを消す為にはサプリとお薬、飲むならどちらが美白を実感できるのでしょうか?

 

薬の場合は副作用の心配も考えられます。気軽に飲み始めるならサプリからという方も多いかもしれません。

 

そこでサプリと薬の違いをまとめてみました。

 

サプリは栄養機能食品または特定保健用食品、機能性表示食品と呼ばれ、美容大国アメリカではダイエットや美容に関するサプリメントは、以前から身近なものになっています。

 

外人,サプリメント

 

日本でも健康志向や美容を考える方が増え、ビタミン剤やコラーゲン、プラセンタ、カルシウムなど健康と美容に関するサプリメントの種類が増えています。

 

一般的にサプリはドラックストアでも購入することが出来るので気軽に飲み始める事が出来ます。

 

一方医薬品はお薬なので医師の処方箋がないと飲めないものもありますが、美白に関しては処方箋が不要な一般用のお薬もありドラックストアやネットでも購入出来ます。

 

お薬は臨床研究を行い、適切な成分と適度な量の成分で作られており、厚生労働大臣の承認を受けています。

 

そのためダイレクトに治したい部分に成分が届くメリットがありますが、副作用が出る恐れも含んでいるんです。

 

具体的にはビタミンCの薬とサプリを比べた場合、成分の量に違いがあるんです。薬は適量ですが薬に比べるとサプリは成分の量が少なくなっています。

 

あくまでもサプリは補助的な役割として飲む、補うという感じです。

 

シミを消す目的で美白を感じながら飲むなら、サプりよりも美白効果が認められているお薬を選ばれた方がより早く効果が実感出来るかもしれません。

 

シミを消す市販薬の種類

シミを消すためのお手入れ法には、美白化粧品やレーザー治療によるお手入れの他、市販薬や皮膚科で処方される薬による方法があります。

 

ここでは市販薬の種類についてまとめています。
しみやそばかすに、シミそばかすの緩和にと表記されている市販薬の殆どは第三類医薬品です。

 

第三類医薬品というのは医薬品の中で、安全面と健康面に現れるリスクが比較的低い医薬品の分類の事です。

 

どんな市販薬があるのでしょうか?

  • ハイチオールC
  • ハイチオールCホワイティア
  • トランシーノU
  • トランシーノホワイトC
  • チョコラBBルーセントC
  • システィナC
  • シナールEX
  • シミトール
  • ロスミンローヤル
  • キミエホワイト

 

CMでもお馴染みのハイチオールCやトランシーノは、アマゾンのベストセラー商品になっています。

 

多くの市販薬に使用されている成分はLシステインとアスコルビン酸(ビタミンC)ですが、ロスミンローヤルには生薬が配合されています。

 

そのためしみだけでなく生理前症候群や、更年期の女性特有の症状の緩和にもつながるお薬です。

 

更年期,市販薬

 

シミを消す皮膚科で処方される薬について

皮膚科で処方される飲み薬は

  • トランサミン(トラネキサム酸)
  • シナール錠
  • L-システイン

 

トランサミンは日焼けによる炎症を沈める働きと、メラニン生成を抑制する働きがあるお薬です。

 

シナールはビタミンCが主成分のビタミン配合のお薬で、メラニン生成を抑制する働きがあります。

 

L-システインは肌の代謝を上げる働きがあり、ビタミンCと相性が良いお薬です。

 

塗り薬は

  • ハイドロキノンクリーム
  • レチノール

 

ハイドロキノンはシミを漂白すると言われているほど還元作用が高い美白成分です。アメリカでは古くから美白と言えばハイドロキノンが使われています。

 

レチノールはビタミンA誘導体で、肌の代謝を促進する働きがあり、紫外線を浴びて蓄積されたメラニンの排出を促すお薬です。

シミを消す飲み薬と塗る薬の効果の違い

飲み薬と塗り薬でシミを消す効果に違いはあるのでしょうか?

 

皮膚科で処方される場合は、飲み薬だけの場合と両方を併用して治療が行われる場合があります。

 

最初は塗り薬で数週間から3ヶ月位様子を見て、シミに変化がなければ今度は飲み薬と併用してみるなど、個人差もありますがシミの状態によっても効果に違いがあります。

 

そのため専門医と相談をしながら、シミの状態の変化を見て治療するのが効率的です。

 

シミを消す薬で効果が表れるまでの期間

シミを消す薬をどの位使用すればシミが薄くなる、シミが目立たなくなるなどの見た目の変化を実感できるのかといと、最低でも肌の新陳代謝が行われる期間は掛かると言われています。

 

肌に蓄積してシミの原因となっているメラニン色素が、新陳代謝によって排出されるために必要な1〜3ヶ月程度の期間は継続的なお手入れをしていきます。

 

市販薬と処方薬の場合ですが、市販薬は副作用の心配が少ない第三類医薬品の為、一般的に処方されるお薬の方が成分濃度が高く、その分お薬としての働きも強い場合があります。

 

基本的に医師は安全な処方をしてくれますので心配することはありませんが、万が一具合が悪くなったりすればもっと弱い安全な薬に変えてくれたりします。

 

肌やシミの様子を見ながら美白化粧品と市販薬の組み合わせでお手入れをしたり、セルフケアを続けてもしみに変化が出ない場合は皮膚科に相談するのもシミをより早く消すための方法の一つです。

 

シミを消す薬に使われている主要成分

シミを消す美白サプリやお薬に使われる成分の種類は多いのですが、ここで注目しているのは生薬です。

 

美白成分ではなく体内の血流の促進や新陳代謝、水分調整を整える働きがあります。

 

肌の水分量

 

女性の場合シミが目立つ年齢になると、ホルモンバランスの変化や更年期障害など、加齢に伴って様々な変化が起こりやすくなるので生薬の働きで整えてあげるという事です。

 

美白成分LシステインやビタミンCも配合されているため、根本的なお肌の改善に期待が出来ます。

 

シミの改善には肌の機能を根本的に改善するために新陳代謝の促進が欠かせません。

 

シミを消す薬を選ぶポイント

シミを消す薬を選ぶポイントは肌質改善が出来る事と美白成分が配合されている事です。

 

肌のくすみがある場合は血流が滞っている場合もあります。

 

新陳代謝のアップと美白成分の働きでメラニンを作らせない、排出を促してあげることもポイントです。

 

シミを消す薬に関する当記事のまとめ

より確実にシミを消すためには、補助的な役割のサプリを飲むよりも、有効成分が配合され美白に関する効果が厚生労働省にも認められているお薬を飲む方が、効率的かもしれません。

 

加齢によるシミには肌機能自体を高めてあげることで、ターンオーバーを少しでも早く促し、メラニンを排出させることでシミを作らないケアが欠かせません。

 

シミを消すサプリメントもご参考に