シミにの種類について

肌の奥にシミ予備軍が潜んでいるのは良く知られていますが、それがある日突然表面に出てきたら鏡を見るのが憂鬱になります。
私も30代後半から少しづつ薄茶色のシミが目立ち始めて、現在は顔のあちこちに点在しています。

 

そのためシミを消したくてシミの事や、シミを消す化粧品について色々と調べています。

 

シミの種類

  • 老人性色素班

最も多いシミがこのタイプです。年齢を重ねるとともに顔のどこにでも出来るしみですが、一番多いのはこめかみや頬周辺です。長年浴びてきた紫外線の影響で生成されたメラニン色素が肌に定着してしまうため多くの女性が悩みシミです。

 

  • 雀斑(ソバカス)

目元や頬周辺に出来る茶色の斑点のことで、遺伝的要因が大きいそうです。幼少期から出ることが多く、思春期に薄くなる場合もあります。後天的に出た場合は、消えにくいと言われています。

 

  • 肝斑

消えにくいシミと言われており、妊娠後や女性ホルモンのバランスが崩れた時に出やすいシミで30代〜40代の方に出やすい。ほほ骨の周辺に左右対称に出来るのが特徴です。

 

  • 炎症性色素沈着

ニキビ跡や肌を強く刺激した後や、傷跡などが肌に色素沈着してしまうことで出来てしまう茶色のシミのことです。年齢を重ねると消えにくくなるようです。

シミの種類記事一覧

年齢を重ねると出来始めるシミには種類があります。老人性色素班(紫外線が原因)そばかす(生まれつき、後天的)肝斑(ホルモンバランス)他にもシミの種類はありますが、悩んでいる方が多いのは老s腎性色素班とそばかす、肝斑ではないでしょうか?老人性色素班は、長年浴びてきた紫外線によりメラニンが過剰に分泌されてしまい、ターンオーバーによって余分なメラニンが肌から排出されなくなると肌表面にシミとして現れるシミで...

年齢を重ねれば体の疲れが取れにくくなるように、肌の老化も少しづつ進行していきます。急に顔のシミが出来て更に増えてきたとなれば焦りますね。そこで今まで使用してきた化粧品からシミのお手入れが出来る美白化粧品を使い始める方も多いと思います。1ヶ月、3ヶ月、半年とお手入れをしているのにシミに変化がない場合は、もしかしたらそのシミに対するお手入れが間違っているのかもしれません。シミには幾つかの種類があります...