シミを消す為に一ヶ月間使っておきたいコスメ

シミを消す為のターンオーバーがよくなるサプリメント
ロスミンローヤル

ロスミンローヤルの詳細はこちら

シミと肝斑、その違いとは?

年齢を重ねると出来始めるシミには種類があります。

 

  • 老人性色素班(紫外線が原因)
  • そばかす(生まれつき、後天的)
  • 肝斑(ホルモンバランス)

 

他にもシミの種類はありますが、悩んでいる方が多いのは老s腎性色素班とそばかす、肝斑ではないでしょうか?

 

老人性色素班は、長年浴びてきた紫外線によりメラニンが過剰に分泌されてしまい、ターンオーバーによって余分なメラニンが肌から排出されなくなると肌表面にシミとして現れるシミです。

 

そばかすは、先天的なものと後天的なものがあります。紫外線を浴びすぎると濃くなってしまう可能性があるため紫外線対策はしっかりと行いたいタイプのシミです。

 

肝斑は、シミの中でも特殊で、紫外線が原因ではなくホルモンのバランスの影響を受けるタイプのシミです。

 

一つだけ体の内側の変化によって出来るシミです。

 

シミと肝斑の違い

シミと肝斑には原因に違いがあることがわかりました。

 

シミは、紫外線を浴びて生成される過剰なメラニンが排出されずに肌に残ってしまう事が原因です。

 

なのでメラニンの生成を抑えてメラニンが肌に残らないようにするお手入れがシミが増えない対策になります。

 

一方、肝斑はシミの原因とは別のホルモンバランスの崩れが関わっています。

 

妊娠するとホルモンバランスが変わり、肌が綺麗になったという人もいますが、その逆の方もいます。

 

肌荒れが起こりやすくなったり、シミが増えるという方もいます。

 

シミと肝斑はその原因に違いがあります。

 

お手入れ法に違いはあるのでしょうか?

 

シミと肝斑のお手入れ法

シミの場合は、これ以上シミを増やさないために紫外線対策をしっかりと行いメラニンを作らせない(シミの原因を増やさない)お手入れをしてみましょう。

 

肝斑の場合は、ホルモンバランスを整えるためにストレスを溜めない環境やイソフラボンを食べたり飲んだりして食生活を見直し、生活習慣を整え体への負担を減らしてあげましょう。

 

その結果としてシミの出来にくい肌環境を保つことが出来ます。