シミが出来にくい肌は食べ物で作れる

年齢とともにシミやシワが出来やすくなりますが、アンチエイジング効果の高い食べ物を摂ることで自分で簡単に美肌づくりのために良い食生活が可能です。

 

例えば、コラーゲンやビタミンCなどは有名ですね。
ふかひれや手羽先などに含まれるコラーゲンは、肌のハリやつやを保ちます。

 

そして、ビタミンCは意外と多くの食べ物に含まれています。
果物や野菜を毎日摂取していればメラニンの生成を抑制する働きでシミの増加を防いでくれます。

 

食べ物が肌に与える影響について

脂っこいものや甘いものを沢山食べると、肌が脂っぽくなったり、肌がごわついたりします。ニキビが出来てしまうという方もいらっしゃるかもしれません。

 

食べた物が肌に与える影響力は意外と大きいんです。

 

ニキビが出来やすかった時は、脂っこいものを少なくしてバランスよく食べる工夫をしていました。

 

若い頃は過剰な皮脂に悩んでいた私も、年齢を重ねた今では乾燥に悩むようになりました。

 

肌の老化によって皮脂の分泌が少なくなると、脂っぽさとは真逆の乾燥が悩みになったんです。

 

そこで意識的に食べているのは、ビタミンB群とコラーゲン、抗酸化作用のあるナッツ類です。

 

それぞれにどんな働きがあるのかまとめています。

 

シミを予防する食べ物の栄養素とは

シミを予防する食べ物として毎日摂りたいのは、ビタミン類が含まれている食べ物です。

 

中でもビタミンB群、C、Eは肌とのかかわりが大きい栄養素です。

 

ビタミンB群には、肌の代謝を高めたり肌細胞の生成や糖の代謝を助ける働きがあります。

 

ビタミンEには抗酸化作用があり、アンチエイジングには欠かせない栄養素です。

 

ビタミンB群は肌の新陳代謝を促し、シミの原因となるメラニン色素を追い出してくれますから積極的に摂ると良い栄養素です。

 

 

食べない方が良い朝食とは?

朝食べない方が良い食べ物は紫外線を吸収しやすい働きのある成分が多いものです。

 

グレープフルーツ、オレンジ、レモンなどの柑橘類がそれにあたります。

 

ビタミン,柑橘類

 

これらのフルーツにはソラレンという成分が含まれていて、光毒性を持っているため、食べた後直ぐに紫外線を浴びてしまうと、シミが出来やすくなると言われています。

 

ビタミンが豊富な食べ物なので外出予定のない休日や、紫外線が降り注いでいる時間帯をさけて食べればソラレンの影響力も最小限に抑えられます。

 

 

シミを消す食べ物は宅配便がおすすめ

肌は食べ物の影響を受けているため、体内に取り込むならなるべく新鮮な食べ物が良さそうです。

 

毎日スーパーで新鮮なお野菜を買い揃える事が出来ればいいのですが、忙しい日々を送っているとそれも難しいと思います。

 

そんな時に便利なのは、農家と直接契約を結んで良い食材だけを選び販売している様な、食材の宅配便が便利です。

 

小さいお子様がいる家庭や、ダイエットや美容面での食事のサポート食もあります。

 

食材にもこだわったものが多いため、栄養士の作ったメニューであったり、無添加や無農薬などにこだわる方にも食材の宅配はおすすめです。

 

 

せっかく食べるので栄養価の高い野菜を食べるのがおすすめ。私も気に入っているのでこちらをおすすめしています。

 

肌の再生や新陳代謝を促進してくれるビタミンが配合されている食べ物を増やして、肌の再生を助けることでシミの原因となるメラニンが排出されやすくなります。

 

シミの無い美肌を作るのは食べ物の影響が大きいと言えます。

 

野菜,ビタミン

 

1日にどの位のビタミンCを摂れば効果的なのでしょうか?

健康を意識するだけであれば、1日に100mgが必要と言われています。シミやしわなど美容効果のためには、1日に1500mg位が理想的です。

 

これにはビタミンCが水溶性で溶けやすい性質があるためです。

 

そのため、果物や野菜から1500mg摂るのが難しいという場合は、サプリメントの有効活用も良いと思います。

 

また最近では、食べ物だけでなく抗酸化作用のある飲み物も人気です。

 

例えば、エグザイルのATUSIさんが飲んでいるルイボスティーは、妊婦さんの飲み物と言うイメージが強いのですが、抗酸化作用が強いため美容や錆びない身体づくりに役立ちます。

 

シミに効く飲み物はこちらのページヘ