シミを消す為に一ヶ月間使っておきたいコスメ

シミを消す為のターンオーバーがよくなるサプリメント
ロスミンローヤル

ロスミンローヤルの詳細はこちら

日焼けによるシミを残さない対策

気が付いたらシミが出来ていたという場合の多くは日焼けが原因で出来るシミです。

 

老人性色素班(日光黒子)と言われており30代〜40代で出来始める方が多く出来てしまうとシミが消えるまでには時間がかかります。

 

私も30代後半で頬にシミが増えてきました。

 

それまでは小さなシミがあるなと感じていた程度でした.。

 

それが年々見ればすぐに解る様な茶色のシミが多数出来てしまいメイクでシミを隠す日々が続きました。

 

この日焼けによるシミは長年浴びてきた紫外線によって過剰なメラニンが作られ肌細胞が老化を起こすことで発生します。

 

過剰なメラニン生成を抑えればいいのでは?

 

美白化粧品の多くは、メラニンの生成を抑えてシミを予防する働きがあるためこれからできるシミ予防には向いています。

 

日焼けによるシミを残さない対策にはメラニンの生成を抑える働きのある美白化粧品でお手入れを続けてみてください。

 

また今まで浴びてきた紫外線が急にシミになるわけではなので肌細胞を次々と新しい細胞に生まれ変わらせることでシミの定着が防げます

 

日焼けによるシミのレーザー治療

お手入れを続けてもなかなかシミが消えない、一刻でも早くシミを消したい場合には皮膚科や美容クリニックなどでレーザー治療を行う事も出来ます。

 

治療には保険が適用されないこともありますので治療費は高額になりますが実績のあるクリニックを選べば確実にシミの治療が行えます。

 

レーザー治療をした場合、レーザー照射後はシミの色が少し薄くなったと感じますがしばらくするとシミがかなり濃くなったと感じます。

 

これはシミになっているメラニン色素が肌の表面にうかびあがってきた証拠なんです。

 

次第にかさぶたの様になり剥がれ落ちます。

 

日焼けによるシミを残さないために

出来てしまったシミは化粧品とレーザー治療でほぼ消すことが可能です。

 

これから出来てしまうシミを予防するには紫外線を浴び内容にすることや肌の新陳代謝を活性化して肌の老化が起こりにくい環境を作ってみてくださいね。

 

シミを消すまでの1ヶ月半へ戻る