シミを消す為に一ヶ月間使っておきたいコスメ

シミを消す為のターンオーバーがよくなるサプリメント
ロスミンローヤル

ロスミンローヤルの詳細はこちら

産後はシミが出来やすい?その理由について

妊娠、出産を経験された方の中には妊娠中から産後にかけてシミや黒ずみが急に増えて悩んでいる方もいるかもしれません。

 

妊娠すると女性ホルモンのバランスに変化が起こるためシミが出来やすいと言われています。

 

シミを消す,産後

 

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンという2種類のホルモンがありプロゲステロンはメラニンの生成を活発にさせる働きがあります。実は妊娠中はプロゲステロンが増えて、産後になるとエストロゲンが減る傾向があるのだそうです。

 

これらのホルモンの影響を受けて、シミが出来やすいと言われています。実際に妊婦さんや産後のママにに聞いてみましたが、白髪の悩みが一番だけどシミも増えた気がすると言っていました。

 

産後元通りのホルモンバランスに戻るまでの期間はおよそ半年前後と言われていますから、慣れない育児に追われて睡眠不足や疲労、ストレス、肌のお手入れをする時間がないなどの環境改善も心がけるとシミの予防に繋がるのだとか。

 

またメラニンは、ホルモンバランスの乱れや紫外線の影響だけでなくニキビの炎症や外的な刺激によっても増えやすいんです。

 

これが妊娠中の間ずっと続くので妊娠している間はメラニンの生成を抑える紫外線対策でシミの予防が出来ます。

 

産後にシミが増えてしまう一つの理由に、妊娠中の紫外線対策が不十分だったことが考えられます。

 

シミを消す,産後

 

メラニン生成が活発な時期には特にメラニンの生成を抑制するお手入れを続けてみると産後にシミが増える悩みが解消されやすくなります。

 

産後のシミを増やさない為のお手入れ

産後にシミが増えてしまうのは、妊娠中にメラニン生成が多くなるからという事が解りました。

 

ではどんなお手入れをしたら産後のシミは増えなくなるのでしょうか?

 

  • 妊娠中からメラニン生成を抑える働きのある化粧品でお手入れをする
  • 出来ているシミが濃くならないためにハイドロキノン配合化粧品でお手入れをする

 

ハイドロキノンはシミの消しゴムと言われている美白成分です。

 

シミを消す,産後

 

私も実際に使用していますが肌色がパッと明るくなるほどの美白力があります。

 

産後のホルモンバランスが元通りにもどるまでに長くて半年くらいはかかります。

 

なので妊娠中から産後は引き続き美白化粧品でのお手入れを続けられてみてくださいね。

 

それでも消えないシミはもしかしたら肝斑の可能性があります。

 

その他のシミの対策