シミを消す為に一ヶ月間使っておきたいコスメ

シミを消す為のターンオーバーがよくなるサプリメント
ロスミンローヤル

ロスミンローヤルの詳細はこちら

シミの原因物質を減らす夏の終わりの美白対策!

春から夏にかけて紫外線を存分に浴びてしまったという方はこんな方法で対策を行ってみてくださいね。

 

林修の今でしょ講座でシミ対策が特集されていました。

 

夏の間に浴びた紫外線による影響でシミが出来るまでの期間をご存知ですか?

 

およそ1ヶ月でシミになってしまうそうです。

 

シミ,原因,林修

 

そして驚いたのは、私たちの体内のある物質がシミの原因になってしまうという事です。

 

ピンときたのは活性酸素でしたが今回は今までに聞いたことがないAGEという物質のことでした。

 

AGE「終末糖化産物)は、体内に存在する物質で、多ければ多いほどシミが残りやすくなるという事が解明されたんだそうです。

 

 

紫外線を少ししか浴びていないのにAGEが多いと肌の中では、メラニン色素を作れ作れと指令が下り必要以上にメラニン色素が生成されてしまいます。

 

すると、シミとして残ってしまう可能性が高まるそうです。

 

AGEは、下記の様な食品に多く含まれているのでこの時期は意識して減らすようにしてみてくださいね。

 

  • お肉
  • トースト
  • サラダ

 

お肉が一番AGEが多く、下に行くほど少なくなります。

 

お肉は、調理法によってかなりAGEの量が変わってくるため、おすすめの調理法は、ゆでる、煮るです。

 

AGEは、たんぱく質と糖が結びついて出来るものなので、ダイエット食とも言われている日本食はAGEが増えにくい食事だと言えます。

 

ダイエットをしてると、糖質が少ないのはお肉が進められている事が多いです。

 

でもお肉は、焼くという過程を経るとシミの原因物質が増えてしまうなんて意外でした。

 

シミが出来やすい夏の終わりの時期は、AGEを多く含む食品をなるべく減らす、または調理法を変えてシミの出来にくい状態を作りましょう。

 

食べ物とシミの関係はこちらをご覧ください。

 

シミに効く食べ物のまとめ